☆Memories-BFMそろそろお別れの時間です-

*2016.2/8から約半月かけて巡ったヨーロッパ研修旅行記です。

以前のものをご覧になりたい方はブログカテゴリー「国内外の旅」からどうぞ。

ジェロームの計らいでロンドンに戻る前にスタッフみんなでピクニック。

ビールはもちろん、パンやチーズにソーセージ。昼間からガンガン行きます(笑)。

もちろんどれも美味しかったです!

昼食後はみんなで恒例のサッカーゲーム!

276°ちゃんはこたつで丸くなりません。さすがスイス生まれスイス育ち。余裕で雪と戯れます。

空港に行く前にジェロームにボトルにサインしていただきました。

もちろんこのボトルや作っていただいたタップハンドルは当店に飾ってあります。

自分たちもちょっとだけプレゼント持って行きました。

博多土産の定番!二◯加煎餅のお面(ごめーん)。

ちょっと話が前後してしまいますが、もう一つ素敵な出会いがありました!

この日の朝ジェローム邸から行きつけのパン屋さんに行くと、前日行ったラ・ショー・ド・フォンに唯一あるチーズ屋さん「ステルキ」で働いていた日本人さよさんに遭遇!

「なんでこんなところに日本人?」とどっかのテレビ番組みたいですが(笑)、さよさんはあのフランスチーズ界の重鎮エルベ・モンス氏にも師事していたという凄い方なんです!

実は当店も福岡でモンスのチーズを扱っていて、その話をすると何とそのチーズ屋さんの方ともお知り合いでした!凄い!

「スイスのチーズは本当に美味しい。本物の美味しいスイスのチーズを日本にもっと紹介したい」とさよさんは仰っておりました。この異国の地で頑張っていらっしゃるさよさんを見て自分たちももっと頑張らないと!と思いました。

話は戻って、空港に行く前に最後にジェロームが連れて行ってくれたチョコレート屋さん。

BFMのビールを使ったチョコレートも扱っていました。

おみやげに色々いただきました。どれも本当に美味しかったです!


帰りの車中でジェロームと色々話しながら、いよいよお別れの時間が来てしまいました..。

短い時間でしたが、本当に有意義な時間を過ごせました!

ジェローム本当にありがとうございます!

また会おう!と約束してこの後一旦ロンドンに戻って次はイギリス郊外の街バースに向かいます。

続く。

福岡・博多のクラフトビール酒場 BEER PADDY FUKUOKA

Since 2006 国内外から厳選された "本物のビール"が勢ぞろい! そして、ビールとの相性抜群のオールジャンルの独創的な料理が楽しめる 小さなクラフトビール酒場です。

0コメント

  • 1000 / 1000